佐賀大学教養教育運営機構

リンク

教員あいさつ

教員あいさつ

第4部会  人間環境と健康

西郡 大     所属:アドミッションセンター/担当授業科目:教育の実際(テストを科学的に考える)

自己紹介:

2009年1月からアドミッションセンターの専任教員として着任しました。普段は、入試データの解析や高校生を対象とした進学説明会などを行っています。昨年、高校生だった今の1年生には、どこかでお会いしたかもしれませんね。皆さんが乗り越えてきた「大学入試」、今、振り返ってみるとどうですか?きっと受験生の時とは違うだろうと思います。そんな大学に合格しようと頑張っている受験当事者の心理について考えてみようというのが私の研究テーマです。

授業科目の概要:

大学生になるためには入学試験があり、大学の講義には定期試験があり、資格を取るためには資格試験、就職を希望するなら採用試験と、私たちは、何らかの形で「テスト」と関わりを持っています。しかし、人生において何度も直面する「テスト」でありながら、「テスト」そのものについて、十分に考える機会は多くありません。「“偏差値”ってよく聞くけど、一体何なの?」、「面接試験の評価って信頼性高いの?」、「全国学力調査は、なぜサンプリング調査でもいいの?」といったトピックも踏まえながら、「テスト」そのものを科学的に考えていくことが本講義の目的です。