佐賀大学教養教育運営機構

リンク

在校生の方へ

共通基礎教育科目  外国語科目
(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・朝鮮語・日本語)

 新入生の皆さんのほとんどは、これまで中学・高校を通じて、ずっと英語を習ってきました。日本の大学では、通常、英語と並んでそれ以外の外国語を新しく勉強し始めます。このことは、国際社会で生きていかなければならない現代日本の大学生にとって、異文化に対する偏見のない態度と、世界に対する広く複眼的な視野を身につけるうえで、非常に大切なことなのです。一つの外国語しか知らない人は、ともすれば、その外国語だけを通して世界を見がちであり、その外国語を通じて知ったある世界の文化を、あたかもそれが世界の大部分であり、世界の文化の大部分であるかのように誤解しがちです。しかし、第二、第三の外国語を知れば、それぞれの言語の背後には、その言語を成立させているそれぞれの文化があることを知ることになり、世界の多様性を実感することになります。そうすることによって、一口に「外国」と言っても、それは決して単一・同質のものではないこと、それだから、世界を偏りのない目で見ることができるためには、複眼的視野が必要であることに思い至るのです。それが、日に日に地球が狭くなりつつある今日、私たちに求められている国際化への第一歩なのです。真の国際化とは世界の多様性を認識して、それを受け入れ、それぞれの国の文化や言語を、自国の文化や言語と同様に尊重する態度を身につけることであると言えるでしょう。
 佐賀大学では、外国語として、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語、および外国人留学生のために日本語が開講されています。たいていの学部・学科では英語(1科目4単位)とその他の外国語(1科目2又は4単位)の履修が義務づけられています。一部の学科では、その他の外国語は自由選択になっています。また、外国語に関しては、海外での語学研修や大学以外の教育施設等における学修(検定試験等)も、本学で定められた手続きと審査を経れば、教養教育科目の外国語の単位として認定できる制度もあります。

英  語

 21世紀の今日、英語は世界の多くの人にとってリンガフランカ(共通語)となっており、強力な世界語としての重要性には共通の理解があるでしょう。インターネットや衛星放送で24時間、さまざまな情報に、英語という手段を通じて誰でもアクセスできる時代です。英語を使えることの重要性の一つが、ここにあります。一口に英語といっても、イギリス英語、アメリカ英語をはじめ、オーストラリア英語もあり、さらに南アフリカ、カナダ、スリランカ、その他いろいろな国で英語が使用されており、英語の異種は数多くあります。
 外国語を学ぶことは、外国の文化との出会いを意味します。ですから、世界語の一つである英語を学ぶことは、世界中の多様な文化、芸術、ものの考え方を学び、さまざまな国を知ることでもあります。文系、理系を問わず、英語はグローバル化するこれからの社会でますます重要となるでしょう。本学の英語教育は主として学士力1(3)の言語リテラシーに対応するものですが、言葉の学習を通して異文化を学び、広い視野と協調性を身につけるという点で、学士力3(1)、2(3)にも対応します。
 (1)「英語」では、中学・高校の6年間で培った基礎学力を前提とし、いわゆる四技能、Reading, Listening, Writing, Speaking に関するさまざまな授業で、英語の基礎的運用能力とコミュニケーション能力の一層の向上を目指します。
 (2)「英語」の学習を通して異文化についての知識と理解を深め、日本人とは異質なものの見方や感じ方を知ることによって視野を広め、国際的感覚の養成を目指します。

ドイツ語

 ドイツ語は、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタインなどの国語です。また、スイスやルクセンブルクでも公用語の一つとなっています。使用人口は日本語とほぼ同じで、およそ一億一千万人です。ドイツ文化は日本の近代化に大きな影響を与え、ドイツ語も、日本の高等教育の中で伝統的に重要な位置をしめてきました。近年一部に、外国語はもはや英語のみでよい、とする短絡的な風潮もありましたが、1990年のドイツ再統一と冷戦の終焉・EU発足を機会に、いろいろな分野でドイツ及びドイツ語の重要性が改めて認識されつつあります。
 ドイツ語は、英語やオランダ語と同じようにゲルマン語に起源を持つ言葉です。英語がフランス語の影響を受けて、文法上の語形変化などが簡略化したのに対して、ドイツ語は昔のゲルマン語の文法体系を比較的忠実に残しています。英語とドイツ語は、単語ではその意味や用法がそっくりな場合もありますが、語形変化や語順などは、現在ではかなり異なっており、皆さんは、この二つの言葉はむしろ別物であると考えた方がよいでしょう。
 ドイツ語を選択する皆さんは、これから2年間ドイツ語を学ぶことになりますが、本学におけるドイツ語教育は、主に佐賀大学の学士力1の(3)の言語リテラシー及び3の(1)に対応しています。具体的に言えば、ドイツ語の基礎的な能力を身につけ、ドイツ語の学習を通してドイツ語圏の人々とその社会・文化に対する理解を深め、異文化への開かれた姿勢を身につけることをその到達目標とします。また、学士力1の(3)に対応して、より実践的なコミュニケーション能力を身につけたい人には、そのための授業も開設しています。
(1)ドイツ語Ⅰabでは、先ずドイツ語の基本的な音声(発音)の規則、すなわちつづりと発音の関係を学び、初歩的な文法を学びます。その項目を具体的に言えば、動詞の現在人称変化、名詞の性と数、名詞・冠詞類・形容詞の格変化、助動詞、動詞の三基本形(不定形・過去・過去分詞形)、過去人称変化、完了形などで、それらを一年間にわたって学びます。このような基本的な文法を学びつつ、ドイツ語の基礎的な語彙と表現パターンを習得することによって、読む、聞く、話す、書くの4技能の基礎力を養成します。また、ドイツ語が話されるドイツ語圏の社会的・文化的背景(ランデスクンデと言います)についても基本的な知識を得ます。
(2)ドイツ語Ⅱabでは、さらに高度な文法事項、受動文、関係文、接続法などを学び、文法知識・語彙・表現パターンの拡大を図り、ある程度まとまった文章が読めたり、簡単な会話ができるようになることをめざします。つまり、読む・聞く・話す・書くの4技能の基礎力の拡大を図り、ランデスクンデの深化を目標とします。
(3)ドイツ語Ⅱabに並行して、ドイツ語ⅡN(N=native speaker)を開講します。これはドイツ語を母語とする教師が担当するクラスで、プラクティカルなコミュニケーションの能力を養成することを目標としたクラスです。授業は専らドイツ語で行われますが、ゆっくりと分かりやすいドイツ語ですから、安心してどんどんチャレンジしてください。ネイティブスピーカーのドイツ語に接することによって、耳が慣れ、実践向きの生きたドイツ語と積極的な自己表現の姿勢が身につきます。
(4)ドイツ語検定試験(独検)・海外研修外国語(ドイツ語)の単位認定:独検4級、独検3級はそれぞれドイツ語Ⅰab(2単位)、ドイツ語Ⅱab(2単位)として認定されます。また佐賀大学で認められた海外ドイツ語研修をドイツ語Ⅰab、Ⅱabのいずれか2単位として認定することがあります。

フランス語

 現在では、外国から日本を訪れる人々と日常生活の中で接する機会も増し、また外国に行く日本人の数も飛躍的に多くなりました。皆さんの中には既に外国体験のある人もいることでしょう。日本とは全く異なる文化伝統を持つ国々やその生活・習慣との出会いは、私達に新鮮な驚きと喜びを与えてくれるとともに、逆に新たな目で日本を見つめ直す機会ともなります。フランスは長い間ヨーロッパの文化の中心的役割を果たしてきました。また、今日でもフランス語は、英語に次いで第2位の公用語としてヨーロッパ、カナダ、アフリカなど世界の30以上の国々で用いられています。フランス語を学ぶことは、広く世界へ目を向ける第一歩となることでしょう。フランス語を選択する皆さんは、これから2年間フランス語を学ぶことになりますが、本学におけるフランス語教育は、主に佐賀大学の学士力1のの言語リテラシー及び3のに対応しています。具体的に言えば、フランス語の基礎的な学力を習得し、フランスの文化や社会についての基本的な知識の修得を通して異文化への開かれた姿勢を身につけることがフランス語の授業に共通する到達目標です。また、学士力1のに対応して、より実践的なコミュニケーション能力を身につけたい人には、2年間で初歩的な会話ができるようになることを目標とした授業を開設しています。
(1)フランス語Ⅱab及びフランス語ⅡN
フランス語会話ができるようになりたい、フランスの美術や歴史に興味がある、あるいはフランス文学の原書を読みたいなど、皆さんがフランス語を選択する動機はさまざまだと思います。私たちは、皆さんのそうした要望にどうすれば応えられるか考えながら、この数年間は、フランス語の履修目標を基礎的な会話能力の養成に置いて授業を組み立ててきました。
しかしながら、話す能力を身につけるには、現在の時間的制約のもとでは問題があります。特に、基本表現の反復練習には多くの時間を必要とするため、基本的な文法を学ぶための時間が充分にとれないきらいがありました。実際には文法の正確な知識無しには会話能力の向上は望めません。そこで、現在は以下の二つの選択肢を用意しています。ひとつは、フランス語の基礎的な知識を確実に習得したうえで、フランスの社会や文化についての理解を深めていくことを目的とするコースです。もうひとつは、より実践的なコミュニケーション能力の養成を目標とするコースで、フランス語の会話能力を身につけたい人には、2年間、時間割の制約がない限り、ネイテイブスピーカーのもとで会話クラスを受講する ことができます。従って、フランス語abでは、フランス語の発音、発音と綴字の関係を始めとして、名詞の性数、直説法のいくつかの時制などを中心に、基本的な文法事項を学びます。フランス人講師が担当するフランス語Nの会話クラスでは、日常会話の基本表現を学びながら、コミュニケーションのための基礎力を養います。
(2)フランス語ab及びフランス語N
1年次で学ばなかった条件法や接続法などの文法事項を学びますが、文法の習得は、フランス語を通してフランスについての知識や理解を深めていくために必要な手段に他なりません。従って、この年次では、フランスの社会、文化や日常生活に関する多様な教材を用い、基礎学力をさらに確かなものにすると同時に、広い視野を身につけるための基本的な知識を養います。また、1年次にネイティブスピーカーのクラスを受講した人は、自己表現能力をさらに高めるために、引続きフランス人講師によるフランス語Nの会話クラスを受けることができます。

中国語

 高校まで欧米の言語を学んできた人にとって、「外国語」とは日本語と断絶するものという意識しかないかもしれません。しかし、中国語の学習においては多くの点で日本語と似通う「外国語」なるものに出会うはずです。それもそのはず、いま私たちが使っている漢字はもちろん、その音や基本的な語彙など、すべて昔の中国語からそのまま借りてきたものですから。これは日本人が中国語を学ぶうえで非常に有利な点です。中国語学習にこれを利用しない手はありません。しかし逆に、落とし穴もこの便利さのなかにあります。従って安易な気持ちで学習を始めると手痛いしっぺ返しを受け、いつまでたっても「外国語」として上達できないということになります。
中国語Ⅰ・Ⅱでは、中国語の基礎的な運用能力を身につけることを目指します。これは学士力1の言語リテラシーに相当します。また、中国語の学習を通して、中国語圏の文化・習慣などに対する理解を深め、中国語圏の人々とのコミュニケーションを行うために必要な基礎的な力も養成します。これは学士力3の多様な文化と価値観を理解し、共生に向かう力にもつながります。
 (1)中国語Ⅰab全体の目標は、発音の基礎をマスターすることにあるといっても過言ではありません。
前期は、子音、母音から音節、そして単語、句のひとまとまりとしての発音、及びイントネーションの習得を中心に置き、ピンインによる読み書きが出来るようになることをめざします。後期からは、それを短い文にひろげていきます。もちろん、前後期とも、日常会話によく用いられるやさしい表現が教材に用いられ、実践にも役立つように目配りがされています。同時に基礎的な文法事項も漸次、説明がされていきます。中国語の授業では発音の習得が特に重視されるので、毎回全員が、一回以上はあたるでしょう。
(2)中国語Ⅱabは、文章が初読で正確に発音できるようになることをめざします。また、中国語では語彙の果たす役割が大きいので、運用できる語彙を増やします。そして基礎的な表現が口をついて出るようになるまでトレーニングします。中国語特有の文法事項を日本語、英語との違いなどにも留意しながら理解していきます。教材はピンインつきのやさしい文から、次第にやや複雑な構造を持った文章に移っていきます。中国語Ⅰと同じく、中国語の背景にある中国文化、歴史、風俗習慣についても視野を拡げ、異文化理解への橋渡しとします。

朝鮮語

 本学の「朝鮮語」科目は、その関心を持つに至った動機やきっかけが何であれ、朝鮮半島に興味を抱く学生諸君に、体系的に朝鮮(韓国)語という言語を学ぶ場を提供します。すなわち、朝鮮語を用いて「簡単な会話が出来、平易な文章を読み書きできる」ようになるまでを指導いたします(「佐賀大学の学士力」1(3)①)。朝鮮語でもⅠからⅡへと、段階的に実力が身に付くように学習できます。
 (1)朝鮮語Ⅰ
今日、野球やサッカーといったスポーツ分野、あるいは芸能分野におけるコリアンの活躍は瞠目すべきものがあります。二十一世紀を迎えて、日本と朝鮮半島との人的・物的交流は、「キムチ」や「ビビンバ」という日常化した朝鮮語に示されるとおり、既に社会のあらゆる場所に浸透しています。同様に、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の動向が日本の安全や外交に重大な影響を及ぼすことが明白になり、近年ますます朝鮮半島に関する情勢認識が必要とされています。
この「朝鮮語Ⅰ」では、朝鮮語の文字であるハングルの読み書きに始まり、徐々に単語・発音練習・基本文法・読解といった具合に授業内容がステップ・アップしていきます。この中で受講生諸君は、日本語と朝鮮語の言語構造の類似に驚くことでしょう。また、日本語にない発音・発声法にとまどいつつも、言葉の中に遺伝子のようにちりばめられている朝鮮半島に住む人たちの価値観・思考方法・生活文化などに触れていくことになります。
 (2)朝鮮語Ⅱ
 「朝鮮語」を履修した諸君は、引き続き「朝鮮語」においても語彙を増やし、文型を頭に入れます。そして、朝鮮語によるコミュニケーションが図れる段階に必要な基本的な会話フレーズを習得していきます。さらに、簡単な作文の練習も同時に行います。
 あとは実際に韓国や北朝鮮を旅するのもよし、韓国人留学生と友達になるのも良いでしょう。また、辛い食事に舌鼓を打ち、彼の地の流行歌を口ずさむ。その日のためにも、この授業を大いに利用してもらいたいと思います。「好きこそものの上手なれ」です。

日本語

 「日本語Ⅰ」「日本語Ⅱ」
 このコースは、外国人学部留学生を対象に、大学で専門を学んでいくうえで必要な読む力、書く力、話す力、聞く力を総合的に高めることを目標にしています。
 基本的な文法項目の復習や専門書を読むための練習を行うとともに、レポートや論文を書くのに必要な論理的な文章の書き方を学習します。さらに、口頭発表や討論が行えるよう、話す技術を身につけるための練習をします。
技術や技能を身につけ、ひいては、自分の意見や考えを論理的に的確に伝えられるようになってもらいたいと思います。
 このコースは、佐賀大学学士力の1.基礎的な知識と技能の(3)言語・情報・科学リテラシーに該当します。
(注)「日本語」「日本語」は、それぞれプレイスメントテストによるクラス分けを行います。プレイスメントテストは各学期の1回目の授業日に行うので、必ず受験してください。

<理工学部の技術者教育(JABEE)プログラムでは、語学科目に対して以下の学習・教育目標を設定しています。>

(知能情報システム学科日本技術者教育認定機構認定プログラム)
大目標(E) 日本語での文書作成および口頭発表を通じて正確かつ論理的に情報を伝えるとともに、効果的な討論を行うコミュニケーション能力を育成する。また、英語による文書作成に関する基礎的能力を育成する。(大目標のみ)

(機能物質化学科機能材料化学コース)
(※この学科の学習・教育目標は、英語のみに対応しています。)
大目標(C)情報処理、プレゼンテーション、コミュニケーション能力を養い、自主的に仕事を計画、実行、統括できるデザイン能力を身につける。
小目標(C-3) 英語を用いた専門知識の修得と基礎的コミュニケーション能力を身につける。

(機械システム工学科)
大目標7.プレゼンテーションをはじめとする国際的な技術コミュニケーション能力を身につける。
小目標7-1 外国語を用いた技術コミュニケーションに必要な初歩的能力を修得する。

(電気電子工学科技術者教育プログラム)
(※この学科の学習・教育目標は、英語のみに対応しています。)
大目標()討論に必要な論理的思考を行ない、日本語によるプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力の養成、国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につける。
小目標(D1) 日本語を使って、論理的な思考に基づいたプレゼンテーション、コミュニケーション、討論をすることができる。また、専門用語を正しく使い、論理的かつ明解な文書を作成することができる。さらに、基本的な技術英文書を理解することができる。