佐賀大学教養教育運営機構

リンク

在校生の方へ

共通基礎教育科目  健康・スポーツ科目

 共通基礎教育科目「健康・スポーツ科目」の目的は、体育関連科学の研究成果を踏まえ大学教育の一環として、「身体と身体運動を通しての教育」というその独自的な立場から、理論と実践の総合的な学習を通して、身体運動による健康への応用と生涯スポーツへの志向を目指しています。さらに授業としての教育活動だけでなく、課外スポーツ、健康管理及び各種運動プログラムサービスなど大学生活全体を通じての教育の場が考えられています。
 「健康・スポーツ科目」ではその教育目的に応じて、健康科学講義、スポーツ科学講義、健康科学演習、スポーツ科学演習及びスポーツ実習などのプログラムが準備されています。以下にその概略を述べます。

健康科学講義

 本講義は、健康について個人レベルから社会全体にいたる幅広く関連する知見を高めることをねらいとしています。具体的には健康論、生活習慣病、健康と食生活、性病やエイズの予防論、精神衛生、マインドコントロールなどについて最新の知見を基に健康に関する諸問題を論及します。また、高齢化社会におけるホスピスやターミナルケアなどへの対応、ウエルフェアの理念、対人援助や福祉に関連する諸問題とその本質についても論及します。これらの内容から健康を個人、個人間あるいは個人と社会の問題として捉え、学習します。

スポーツ科学講義

 本講義は、からだと運動・スポーツの関係を自然科学的領域と人文・社会科学的領域とから広く知見を高めることをねらいとしています。具体的には、運動・スポーツの心身への効果、動きの科学、スキルの科学、体力の科学、トレーニングの科学、コンディショニングの科学、スポーツと栄養、スポーツと用具の科学、スポーツと社会、スポーツと文化、女性とスポーツ、スポーツと人間行動などの中から最新の知見をもとに論及します。これらの内容から、健康で豊かな生活実践とその能力開発の方法を学習します。

健康科学演習とスポーツ科学演習

 両演習は、体育学関連の自然科学的、人文・社会科学的な学術的知見をベースとして、ある課題に対してその基礎理論と実践的方法を併せて学習することによって、より効果的に健康・体力の維持・増進あるいはスポーツ行動における自己管理能力を習得させることをねらいとしています。具体的には、「健康科学演習」は、主に肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病と運動あるいは疾患別運動療法を中心に実習します。一方「スポーツ科学演習」は、筋力や持久力などの基礎体力の向上、スポーツ競技能力に関連した要素の解析、スポーツ行動の分析などを中心に実習します。
 以上の健康科学講義、スポーツ科学講義、健康科学演習及びスポーツ科学演習は、担当者の研究領域の違いによって、各々特徴のある講義・演習のプログラムが準備され、履修者の興味に応じて選択できるように配慮されています。

スポーツ実習

 本実習は、履修者の希望に応じて各種スポーツを選択させ、生涯スポーツとして個人のライフステージにおいて適切なスポーツを楽しめるように、その実践能力を涵養・開発することをねらいとしています。また、実習の中ではスポーツ技術理論やスポーツ障害に対応した予防法、救急処置法などの指導も併せて行います。これらの内容から、安全で理に適ったスポーツ実践能力を向上させるとともに、スポーツによる仲間づくりやセルフコントロールを通しての人間性の陶冶も期待しています。

○「健康・スポーツ科目」《履修上の注意点》

  1. 「健康・スポーツ科目」においては、履修学生は単なる受身ではなく、積極的な参加と協力的且つ真摯な受講態度が求められます。
  2. 「健康・スポーツ科目」においては、「出席」が重要視されます。特にスポーツ実習において欠席は2回までとします。
  3. スポーツ実習では、運動に適した衣服等を着用してください。例えばテニス受講者はテニスシューズを準備してください。また、用具等は大切に扱い整理整頓に努めてください。
  4. 「健康・スポーツ科目」においては、その成績評価にあたって、出席状況、受講態度、筆記試験等、スキルテスト、リポートなどから「総合的」に評価します。