佐賀大学教養教育運営機構

リンク

在校生の方へ

自学自習スペース等の利用について

LM教室等

さまざまなメディアを用いて多形態の語学授業を展開するとともに、学生の皆さんの自主的な語学自習のサポートを目指しています。
なお、鍋島キャンパスにも独自にCALL教室があり、英語の授業などで使われています。

(場所)教養教育運営機構2号館の北側に張り出した部分
LM 教室1(マルチメディア対応)2号館3階
LM 教室2(マルチメディア対応)2号館2階
LM 自習室……2号館の3階,階段を上がって左側
LM 準備室……LM 教室1に附設されています。ここに事務補佐員がいます。

授業での利用

LM教室1・LM教室2
……通常のLL装置による授業や視覚教材の利用、コンピュータを媒介とする双方向的な授業やマルチメディア教材の提示、さらに「英語学習支援システム(e-sia)」を使ったりすることが可能です。

☆ e-sia とは……インターネット配信されるe-ラーニングツールのこと。特に、TOEICの得点力のアップをサポートしてくれるもので、佐賀大学関係者なら誰でも大学の内外からアクセスして利用できます。佐賀大学HPの[CALL システム]のところから入って、ID を取得した上で随時に利用、学習ができます。

授業以外の自主的な利用法とその内容

授業の予習復習、マイペースの語学スキルアップ、インターネット利用など、自主的な学習におおいに活用して下さい。

・LM教室1での自習
……授業が入っていない時間帯で自習することができます。授業に利用される時間帯は毎年度、各学期ごとに異なりますので、学期の開始時に利用可能時間を、教養教育関係の掲示板およびLM準備室前に掲示します。窓側に設置された7台のWindowsXP搭載パソコンが利用に供されています。多人数の場合は、学生側ブースの48台のWindowsXP 搭載パソコンも自習用に使えます。
 コンピュータを使って、各種外国語の教材ソフト(CD、CD-ROM)で学習が可能です。また、インターネット配信の「英語学習支援システム(e-sia)」や「英会話トレーニングソフト(i Study Native World Pro)」を使って、自学自習的に英語のスキルアップを行なうことができます。さらに、インターネットで各外国語のさまざまなサイトにアクセスして、語学力アップや海外情報の収集などにも活用して下さい。パソコンでDVD ソフトを見ることもできます。

・LM自習室の利用
……利用可能な時間帯(9:00~17:15)に随時に利用できます。
8台のWindowsXP 搭載パソコンのブースがあります。上記LM 教室での利用内容とほぼ同じことが可能です。

自習のための利用方法

利用にあたっては、LM準備室で自習申込書に記入して、担当者の指示に従って下さい。LM自習室の各パソコンにはキーがありますので、キーを借りて利用することになります。つねに機器やソフトを大切に扱い、節度ある利用を心掛けて下さい。室内での喫煙・飲食はできません。

オーディオやAVソフト、教材、参考書など

英語(英検、TOEFL、TOEIC など)をはじめ、他の外国語(ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語)の練習用ソフトや語学検定試験用ソフト・参考書、映画などのDVD やビデオテープ、また「英語学習支援システム(e-sia)」、「英会話トレーニングソフト(i Study Native World Pro)」、英語の辞書機能(「ロボワード」)などを備えています。
また、皆さんの方からソフト・教材、あるいは機器などに対する希望がありましたら、申し出て下さい。購入計画の参考にし、早急な導入を検討します。

LM委員会とCALLシステム委員会

LM 教室・LM 自習室の運営や器材ならびに教材の導入・保守にかかわる組織として、教養教育運営機構の下にLM 運営委員会、さらに大学全体の語学教育のシステムを検討する組織として、CALLシステム委員会があります。

連絡先

LM準備室……教養教育運営機構2号館3階(28-8895)(事務補佐員がいます)